« システム手帳バインダー | トップページ | クレイモアバッグ型バッグ・・・? »

2009年2月 4日 (水)

手帳術?について影響を受けた本

基本的にメモは取らない主義というか、「メモらないといけないほど仕事は受けない、忘れない」つもりでいたんだけど、やっぱり忘れますね・・・

そう遠くない一時期、新人研修所の職員だった時に一念発起というか必要に迫られて
「メモ・ノート200%活用術」
というのを本屋で見かけて読んでみました、もう○年位前だけど・・・

内容は、まさに目からウロコって言う位でしたが、そのまま実践というわけにはいきませんでした。
でも自分なりにアレンジして現在もやってます。
そのアレンジは当時研修を終わって配下についた新人や、今の職場で配属された新人に教えています。

第3章の2に書かれている内容がそうなので、興味のある方は読んでみてください。

メモ・ノート200%活用術―仕事で結果を出す!年収もアップ!「1枚の紙」で夢を実現する48のスキル (知的生きかた文庫)Bookメモ・ノート200%活用術―仕事で結果を出す!年収もアップ!「1枚の紙」で夢を実現する48のスキル (知的生きかた文庫)

著者:中島 孝志
販売元:三笠書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« システム手帳バインダー | トップページ | クレイモアバッグ型バッグ・・・? »

手帳関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017950/27754436

この記事へのトラックバック一覧です: 手帳術?について影響を受けた本:

« システム手帳バインダー | トップページ | クレイモアバッグ型バッグ・・・? »