« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月25日 (水)

情報の一元化に逆行してる?

私も仕事上は情報の一元管理を提唱しているのですが、各々がやってきた今迄の流れにそぐわないようで、色々と大変な思いをしています。

そして先日「すべての情報は一冊の手帳にまとめなさい」という本を購入し、参考になったり、再認識をした次第です。

にも拘らず私は、4冊以上と言うか4種以上ののメモ、ノート、手帳及びPDAをいつの間にか使っています。

1) 夜勤や演習の予定、イベント参加等のスケジュールや、医者とのやり取りに使う体調管理は、以前紹介したしたポーチタイプのバインダーに(マスター)。
2) 普段のちょっとした事等を記録するのにはA6の手帳を経て、スリムなバインダーに(スレーブ)。
3) 漫画や雑誌の発売日や購入予定等はiPhoneで。
4) 仕事上では、上司からの指示、同僚や部下に依頼、指示した事などの雑事や調査研究の記録に、A6のノート(超メモ術適用)。
5) 雑事以外の結果をまとめ、整理するのにA5のノート(超メモ術適用)。
6) 5)について、最終的にはパソコンで系統立ててプリントして成果物として残す。

こんな感じで2)~4)についてはどれにでも書いて後で転記もしくは処理しています。

 「すべての情報は一冊の手帳にまとめなさい」も、以前紹介した「超メモ術」も、「知識を財産として管理・活用」することを実現させるための手段であると思います、「超メモ術」も一冊のノートに思いついたことを書きとめて行き、必要な事柄にはインデックスを付け、見返しを容易にするというテクニックが紹介されています。
 言い訳ではありませんが、「すべての情報~」でも「超メモ術」でも提唱されている事柄はもっともで、そうありたいと考えますが、私の使用する手帳類、ほぼ全ての物の役割が別であったり、利便性との兼ね合いで現状のようになっています。

確かに2)~4)は一つにする事が可能かもしれませんが、職場にiPhoneが持ち込めないのでその辺は無理かな・・・。
結局、「それはそれ、これはこれ」状態なのはその人の「ライフスタイル・・・」と言ったら言い過ぎか?「必要性・ニーズ」の方が良いかな・・・であるから、表題の「情報の一元化に逆行してる?」は、してはいないが面倒だよね・・・位に落ち着かないかな?

すべての情報は1冊の手帳にまとめなさいBookすべての情報は1冊の手帳にまとめなさい

著者:蟹瀬誠一&「知的生産」向上委員会
販売元:三笠書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

手帳袋?

 手帳を持つようになってからずっと考えていることがあります。
ポケットの大きさと自分が持ちたい手帳のサイズはどこで折り合うのか?と言う事。

 バインダー等を自作するようになる前は、ポケットに入ると言うだけで「ミニ6」サイズを使っていましたが、基本的にメモをしないことから自然消滅的に手帳を持たなくなりました。

 新人研修所での勤務等から再度手帳を持つ必要を感じ、併せて体調の不良から日々の血圧等を記録しなければならなくなったので、昔使っていた手帳を引っ張り出して使い始めたのですが「ミニ6」サイズでは記入面が狭く所要の目的を達成できなかったので、必然的に「バイブル」サイズに落ち着きました。

 そこで以前紹介したバインダーを製作しましたが、結局ポケットに入れられるようには出来ませんでした。

 「どうせ入らないのなら収納力の大きいポーチタイプを作ってしまえっ!!」と言う事で先日紹介した物を作りましたが、これは割切って作ったので満足しています。

 昔話はこれくらいにして、今回の表題の「手帳袋」

 現在の勤務場所でもメモや手帳は必要なので作業服の胸ポケットに入るA7の小さなノートを使っていたがコレがまた本当に小さい、でもA6だとポケット一杯で筆記具その他が入りません。

200903202146000
 作業服の改造も考えましたが、そういうことは禁止されていますので必然的にポーチを・・・と言う事になりますが、ウェストバック等も禁止されていますので、写真のような形態と相成りました。

 使用した生地は、10年位前に着れなくなった作業服のズボンがタンスの奥で見つかりましたので、それを使ってリフォームしました。

サイズ的には先日のスレーブ用の手帳がギリギリですが、仕事でA6のノートがメインになりますので二枚目の用にメジャーを入れたり、ペンを差したりになります。
ここに見えている茶色の物がA6のノートで、「ダイソー」で手に入れた、カバーとペン付の「A6ハンディノートブック」です。
200903202149000

結局、「ポケットの大きさと自分が持ちたい手帳のサイズは折り合わない。」というのが答えなのでしょうか?
それとも、「自分でポーチ等を作れるから割り切れない。」の方が正しいのでしょうか?
答えは出したくない感じです。

3枚目はスレーブ用の手帳の中です。
200903202144000


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月20日 (金)

今日はお休みを頂いて・・・

もう日が変わってしまいましたが、新宿~御徒町~秋葉原と回って買い物してきました。

新宿ではハンズで、スレーブ用の手帳を物色しましたが、「コレはっ!!」という物がなかったのですが、株)エイチ・エスの「合皮システムバインダー」を選択、後は「PDA取り付けリフィル」しおり型はさみ「ポケットセクレタリ」、携帯のストラップ状の「プチはさみ」他を購入しました。

御徒町で輸入物のココア「SWISS MISS」を買おうとしたら輸入禁止になったとのことで購入が出来ず、代わりにドイツ製の「クルーガー」の物を買いましたが、よくよく見たらこれはチョコ風味のコーヒーでした、美味しかったです、今後の定番ということになりました。

秋葉原では書泉で専門書を買おうと思っていたのですが、駅を降りてヨドバシ側に抜けずに歩いていくと「無印良品」が目に入り、「システム手帳バインダー」と「ABS定規」、「再生紙リフィール横罫」を購入、リフィルは紙の端まで線が引かれているタイプで、「超メモ術」で推奨されている「引き流しタイプ」と呼ばれているものです。
購入後は予定通り本を買って帰りました。

帰宅後は、「合皮システムバインダー」のカバーと無印良品の「システム手帳バインダー」をニコイチにして、ハンズで貰ってきたハンズ特製ミニストラップを付けて完成と相成りました。

通常の土日の休みではあっちもこっちもと買い物に行く気力が沸きませんが、今回は、ほぼ目的を達したので有意義な一日でした。

職場の皆さん、休んでゴメンね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

母艦式というよりは・・・

 当然のことだけど、私個人の意見というか、思っていることなのであしからず。

 PDAに限らず、手帳でもよく「母艦式」といわれているメインのとサブのシステム
 PDAなら「母艦PCで作ったファイル→PDAで閲覧・修正→PCに戻して・・・」とサイクルが発生するけど、手帳はどうだろう?
 システム手帳ならそのサイクルも「有り」だけど、綴じ手帳だと書き写すのはちょっと・・・

現在の私の状況から考えると、自作のリフィルをサブに綴じて、記入後は保存用だったり、気づいたことは手元にある方に書いたりと、特にサイクルが発生していない感じがするので「母艦式」に違和感がある。

私は「マスタースレーブ式」と呼ぶことにしてみました。

「だからなんだよ」と思った方、正しいですよ。
どうでも良いことなんですから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

バインダーポーチ

作成した時期は少し前になりますが、一通りの引っ越しも済みましたので、以前作ったバインダーに不満が芽生えてきましたのでポーチタイプのものを考えました。

前回はクラウゼのリングを用意して作りましたが、位置決め等に制約があるのと、新しい手法?を試すために保存用バインダーを基にカバーを作り、ファスナーを付けポーチタイプとしました。

200812261046000

型紙というほどの物ではありませんが・・・

200812261203000

パーツを切り出し・・・

200812261224000

内ポケットに縁取り・・・

200812261236000

内カバーと位置合わせて縁取り・・・

200812261332000

外カバーにペン差しを縫いつけ・・・


スミマセン、この後一気に縫い上げてしまったので写真がありません。

200902052359000

完成した外観

200902052359001
内側です。

こんな感じです、ファスナーの動きが少しシブいのですがなんとか形にはなったかなと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

ソーイングキットポーチ

引っ越し分です。

20071124_1852
ファスナーをつける練習のために作成した物です。
中身は以前イベントで貰った裁縫セットの中身を流用?しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手帳オフに行ってきました。

 3月7日に都内某所で「手帳進化論」「システム手帳新入門!」著者、館神龍彦氏主催のオフ会に参加してまいりました。
実は、1月17日にもありまして、この日は自作がテーマで私の拙いバインダーとバインダーポーチを披露させて頂いたところ、「外側」は予想外とのことでした。
 さて今回は、「メモ、メモ術について」と言うことで私のようなメモを取らないくせに手帳に凝る初心者?素人?には絶対勉強になるテーマなので何が何でも参加しなければ!!と、夜勤明けでちょっとフラフラ感がありましたが行ってまいりました。
 今回は都合のため参加者が少なかったのですが、その分、各人の濃いお話が聞けて大変参考になりました。
 参加された方の業種は皆違いますので、手帳に対するこだわり、使用法、ニーズ等、皆違います、しかしそれは自分の立つ位置からみているだけではわからない側面を垣間見ることでもあり、今後の自分に大変為になる時間でありました。

次回の予定は未定ですが、余程の事がなければ参加させて貰おうと考えています。

館神氏のブログです。
http://tategami.cocolog-nifty.com/blog/

館神氏の作品の一部です。

くらべて選ぶ手帳の図鑑Bookくらべて選ぶ手帳の図鑑

著者:館神龍彦
販売元:エイ出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

今日というか昨日・・・

今の職場に移って、今回初めて仕事の帰りに渋谷のハンズに行きました、バイクで・・
駐輪場が無いんですねと言うより、無くなったんですね。
駐車禁止の監視員は路地の裏で隠れているし、本当に二輪に優しくない国になりました。

何とか懇意にしている店の前に止めさせてもらって買い物に行きましたが・・・、次回は電車で行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »