« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月27日 (火)

自衛隊手帳

ついさっき関門海峡で「くらま」と韓国籍のコンテナ船が衝突したというニュースがありましたが・・・。

 都内某所で入手した「自衛隊手帳」です。
Phot0007

2009年版と2010年版です。

なぜ比較しているかというと、2009年版にあったペンホルダーが、
Phot0008

2010年版になって無くなったんです。
Phot0009

 そのかわり、2009年版ではマンスリーが1月から12月の12ヶ月分だったのに対し、2010年版では、1月から翌3月の15ヶ月分になっっています。

 しかし、職場ではペン差しがなくなって不便になったとの意見が聞かれます。
帯封には、「使いやすい15ヶ月対応」と書いてありますが、朝雲さん、どうなんですか本当のところ?

 そういえばかなり昔は、陸海空、3自衛隊別々に手帳があったと思いますが、何時から一つになったんですかね?(おかげでかなり便利になったんですけどね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

ツバメA6ノートのスペシャル

 最近、マスタースレーブ式の手帳術が破綻しまして、以前買い求めた「ツバメノートA6ノート 6ミリ18行 80枚」
を引っ張り出して使い始めました。

 しかしこのノート私がお世話になっている文房具屋さんで注文すれば手に入るのですが、1梱包を購入しなければならないので、「ツバメノートA6ノート 6ミリ18行 80枚」は20冊になります。 

 う~ん使い切るのにどれ位かかるんだろ?

取りあえずは相談にと行ってきたのですが、商品一覧表を見せてもらったところ、表題のノートが・・・。

 品番的にはN6001~N6003(これが80枚の物)がネットショップとかで流通しているんですが、その下に「N6005」と4をとばして書いてあり、説明を読むと、表紙の色がグレー、イエロー、ブルー、グリーン、ピンクの5色4冊ずつ20冊とありました。
 この文房具屋さんは、ツバメノートを比較的扱っていたので、一般的な薄いグレーの物は良く見ていましたが、このスペシャルというのはどんなものだろうかと考えているうちに、注文してしまい、現在手元にあります。

 このスペシャルノートは80枚ではなく54枚でしたがナカナカの存在感でした。

  このA6のツバメノートは普通のA6より一回り小さいので専用サイズでカバーを自作して使っていますが、80枚の物が使い終わったらこのスペシャルをカバーに入れて使おうと思います。





【ツバメノート】A6ノート 6ミリ18行  80枚 N6003 【ツバメノート】A6ノート 6ミリ18行 80枚 N6003
販売元:文具・文房具のKDM ヤフー店
文具・文房具のKDM ヤフー店で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

おなじ講演を聞いていても・・(ちょっと改訂)

 本日都内某所で、日高義樹氏の講演を聴講しました。
 知り合いと一緒にメモを取りながら聴いていましたが、講演が終わってメモをまとめているときふと思いました。

 同じように聴いていても、メモを取っている部分や、日高氏が強調した(と思われる)処のメモの具合などにかなり差がありました。

 ま、感じ方は人それぞれですから、差があるのは当たり前ですね。
 
 併せて、メモをしていないところ等もお互いに違う場所で、「あれ、そんなこと話してた?」みたいな事もあり、補完しあうこともありました。

なぜこんなことをUPしたかというと、本日の仕事始めで、「万人に合う手帳術はないよな」「ある人の成功記録を真似したからといって、それが自分に合うとは限らないね」など、話していたからなんです。

 講演の内容を簡単にまとめると。

 日米関係は悪化の一途を辿っている。
 鳩山首相とオバマ大統領の会談は失敗だった。
 民主党には何のヴィジョンも無い。
 
 と、こんな感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

ちょっと強行軍

 もう昨日なんですが、御徒町の「ODBOX」にハサミとマヌカハニーを買いに行きました。
ハサミは、バンテージ斬りの小さい奴、マヌカハニーは非常用の携帯食代わりになるはちみつです。

 この次は、アキバの「無印良品」でコンセントや、ダーマトグラフなど。
 
 この後は某イベントの集会に参加した後、新宿のハンズに、A5システムのバインダー等々。

集会がなければ何のことはなかったのですが、スタートが遅かったせいもあり、意外と疲れました。

予定はしっかり組まないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »