« 自分に合う手帳を探して 第1回 | トップページ | 恐るべし、アメリカの技術力 »

2009年12月23日 (水)

DYMO(ダイモ)を久しぶりに・・・

テプラに代表されるラベルライターの魁?のダイモテープ。

20年程前に職場に有った物で名札を作ったのを最後に使う事はありませんでした。

アルファベットしかうてないから日本語で作れるテプラ等にシェアを奪われるのは仕方がないとは思いましたが、あの、一種独特な感じは捨てがたいものがありました。

ここ何年かで、ハンズ等でまた見かけるようになり、現在の職場でもダイモの話で盛り上がることもあって今日蒲田のユザワヤで買ってしまいました。

買った決め手は文字盤が3種アルファベットの大文字・小文字・筆記体?交換できるようになっていることでしたが、従来の物も交換可能だったのでしょうか?

ダイモ 1880 アルファベット大文字 小文字 小文字スクリプトタイプ DM1880CEダイモ 1880 アルファベット大文字 小文字 小文字スクリプトタイプ DM1880

販売元:ダイモ
発売日:2007/01/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 自分に合う手帳を探して 第1回 | トップページ | 恐るべし、アメリカの技術力 »

文具関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017950/32713316

この記事へのトラックバック一覧です: DYMO(ダイモ)を久しぶりに・・・:

« 自分に合う手帳を探して 第1回 | トップページ | 恐るべし、アメリカの技術力 »