« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月25日 (金)

恐るべし、アメリカの技術力

 突然すみません。
 何の事かと言うと、先日アメリカ軍の「M-65フィールドコート」のOD色を買ったんです。
 実はこの色を買うのは2着目なんですが・・・。
では1着目は、と言うと、約18年位前にミリタリーの趣味に目覚めた時に買った物で、今回とうとうお役御免となりましたので2着目を買った次第です。

 勿論18年間OD色1着で過して来た訳ではなくて、この間に、ウッドランド(森林迷彩)・カーキ・3カラーデザート(砂漠迷彩)・陸自2型迷彩・ACU(アメリカ陸軍デジタルパターン)×2着・ブラックと7種類買って着回しているのですが、やはり無難な色として一番着た色ではあると思います。

 1着目のODは、すっかり色が褪せ、ファスナーもよくハジけ、脱ぐのに一苦労したが、やはり愛着があり、捨てるのは忍びなかったので、今流行??の袖ポケットを作ろうと考えましたが、2着目とあまりに色が違うのであきらめました。

 この「M-65フィールドコート」は、1965年頃に正式採用され、2002年に陸軍がACUを採用するまでの間、約37年に渡り使用され、ライナーの取り外しで3シーズン着る事ができタウンユースでも便利なためファンも多く、またACU採用のきっかけとなったと噂されるウサマ・ビンラディンがこのウッドランドを着ていても製造は中止にならなかったので今後民製品として供給が止まることは無いと思います。
 
 デザインは変わっていませんが、マイナーチェンジはされているようで、18年前の物には無かった左胸の内ポケットが付く様になりました、これは一年程前に買ったブラックの時に知ったのですが、一番ビックリしたのが、当時買ったライナーが、18年の時を経て現在のODにピッタリ取り付けられる事です。
 まさにアメリカの技術力の一端を垣間見たようで、「こんな国と戦争をしたんだなぁ」と感慨深い物がありました。
 ちなみに「M-65フィールドコート」は、軍の正規の防寒着ではなくなったにもかかわらずACUの「M-65フィールドコート」が有る理由ですが、ACU採用時に防寒のレベル1~レベル7と言う規定が設けられ、気温等に応じた防寒具が支給されるようになったのですが、あまりにも高価なためか支給が進まず、従来の色の「M-65フィールドコート」とACUを同時に着る事が禁止されているにもかかわらず、寒さに耐え切れず着用する者が続出した事等から、製造業者がオリジナルとして製造した物を軍が追認する形で採用を決めたためで、「M-65フィールドコート」ではなく「コートコールドウェザーフィールドユニバーサルパターン」となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

DYMO(ダイモ)を久しぶりに・・・

テプラに代表されるラベルライターの魁?のダイモテープ。

20年程前に職場に有った物で名札を作ったのを最後に使う事はありませんでした。

アルファベットしかうてないから日本語で作れるテプラ等にシェアを奪われるのは仕方がないとは思いましたが、あの、一種独特な感じは捨てがたいものがありました。

ここ何年かで、ハンズ等でまた見かけるようになり、現在の職場でもダイモの話で盛り上がることもあって今日蒲田のユザワヤで買ってしまいました。

買った決め手は文字盤が3種アルファベットの大文字・小文字・筆記体?交換できるようになっていることでしたが、従来の物も交換可能だったのでしょうか?

ダイモ 1880 アルファベット大文字 小文字 小文字スクリプトタイプ DM1880CEダイモ 1880 アルファベット大文字 小文字 小文字スクリプトタイプ DM1880

販売元:ダイモ
発売日:2007/01/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

自分に合う手帳を探して 第1回

さてさて、今回から「メモをしないLANGLEYの試行錯誤の日々」というカテゴリーで始めてみたいと思います。

使わない理由?

 現在では、手帳術・メモ術に興味があり、雑多な内容ですがブログで手帳術・メモ術についての試行錯誤を繰り返す日々を紹介したりしていますが、基本的にメモをしないタイプでした。
 社会人になって新人研修などで上司に「メモ帳を持て」「メモをしろ」と散々言われたことは今も覚えています。
 しかし、「メモらないといけないほど忘れない」と思っていたし、実際に覚えなければならないことなどは必然的にメモやノートに記録してあったので「何でもかんでもメモをする」という必要を感じていなかったように思います。
 時が経ち、中堅と呼ばれる頃になると、どうしても業務は増えてきますが、新人の頃よりは大体の要領は掴んでいたような気がしていたので、やはりメモはしませんでした。
 ところがちょうどこの頃、システム手帳がブームになってきたこともあって、ただバイブルよりは手ごろなサイズだと言うだけでミニ6サイズを購入し使い始めましたが、明確な目的も無かったことが災いし、自然消滅的に使わなくなっていきました。
 あわせて、電子手帳のはしりの物がありましたが、あまりの入力の面倒さにメモの代わりにはならず、画面の見づらさ、電池の持ち等がネックで、結局、電話番号帳として使っていました。
 このことから、覚えておかなければならない友人の電話番号などは電子手帳、普段はメモする必要がない(あったかもしれないが)のが使わない理由だったのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

12/12 館神氏主催の手帳オフに行ってきました。

 本日、都内某所で開催されたオフ会に参加してきました。
 以前、3月8日に参加した時にも感じたのですが、「これはっ!!」と言う手帳術は無いということです。
 紹介されているそれぞれの手帳術が自分に合うかどうかと言うことが根幹にあり、それを自分なりにカスタマイズすることが大事なのだなぁと思いました。
 今日集まった約20名ほどの手帳とそれぞれのこだわりを伺いましたが、システム手帳、綴じ手帳、既製品を使いこなす人、既製品をカスタマイズする人、全く自作する人と、千差万別でした。
 中でも、「方眼」が「自由な発想を阻害する。」と言う人もいれば「縦でも横でも書きやすい。」と言う方もいて、やはり「手帳は宗教」なんだなぁと再認識した次第です。
 また、私と同じ様にA6ノートを使用されている方がいらっしゃいましたが、職種等は全く違い、A6ノートに至った経緯とかも違いましたので、なんだか不思議な感じがしました。
 最近、仕事で理不尽なことが続ていて凹んでいましたが、楽しい一時を過させていただきました。
惜しむらくは、もう少し時間が有れば突っ込んだ話も出来たのではないかなぁと思います。

 余談ですが、私のブログを見て「自衛隊手帳」に加工したペンホルダーについて質問していただきました。
 お名前を伺うのを失念してしまいましたが、初めて「ブログの感想?」に触れ、ちょっとドキドキでした。

写真は、本日集まった手帳の数々です。
F1000001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »