« 来年の自衛隊手帳 | トップページ | 手に入れました、自衛隊手帳 »

2010年10月17日 (日)

自分に合う手帳を探して 第9回

手帳術の本に感化されるばかりで・・・

「メモをする」という行為は、基本書く物と書かれる物があれば成立する筈です。
 何故かは分かりませんが、「手帳を持ちたい」「メモをしたい」と考えていますので、手帳術等に関連する本を雑誌の特集を含めてよく読みます。
 20冊以上は読んだでしょうか、しかし自分のスタイルというか、形と言う物は定まりません。
 色々読んでいて「これは面白そうだ」と、実際に試すのですが、すぐに飽きると言うか、馴染まない気がして元に戻ったり、また新しい物を探したりしてしまいます。
 もちろん参考になることは沢山あり、少しずつ取り入れいますが、未だに「綴手帳」「システム手帳」各々のサイズで揺れています。

 書く物についてのこだわりはあまり無いつもりですが、ゲルインクのペンが寝転がって上を向いた状態でも書けるので気に入っています。

|

« 来年の自衛隊手帳 | トップページ | 手に入れました、自衛隊手帳 »

メモをしないLANGLEYの試行錯誤の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017950/37279293

この記事へのトラックバック一覧です: 自分に合う手帳を探して 第9回:

« 来年の自衛隊手帳 | トップページ | 手に入れました、自衛隊手帳 »