« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月26日 (火)

ちょっと違和感があったので・・・。

昨日、25日に北朝鮮で、「朝鮮戦争義勇軍60年記念行事」と言うのがあったそうです。
で、今朝そのニュース映像を「ズーム何とか」で10秒ほど流していたのですが、
二代目・三代目の金さんらの高官や、招かれた中国高官が座る壇上に中国と北朝鮮の国旗が掲げられていたのですが、ここで凄い違和感を感じました。

Peoples_republic_of_china_svg

高官たちの背中側に左に中国、右に北朝鮮と並べて横にして吊るしてあったんです。上の画像のように。

変でしょ?・・・わかります?

800pxflag_of_north_korea_svg

北朝鮮の旗は、横にした時に星が上側にくればOKなんですが、中国の旗は普段見ている、旗面の左上に星が来る状態のまま横にすると、裏返した事になってしまうんですね。

2peoples_republic_of_china_svg

この部分は「カントン」と呼ばれて常に旗面の左上来るように掲げるのが、マナーなんですが、この式典での旗の扱いは国旗に対するマナーとしては如何なものかと思ってしまったのが今回の記事です。

まあ、この状態でも中国の高官が何も言わなかったようですから、もしかしたら、中国の国旗を横にして掲げる場合は、旗に向かって右側に星を配置するのが決まりなのかもしれません。

そうだった場合は、無知な私を笑って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

落ち着いて、胸に手を当てて。

最近気づいたと言うか、忘れていたと言うか、私のブログは

「U.S.ARMYに関するバッジやメダルのように小さくて硬くて冷たいものが大好きで、本も模型もやめられなくて、国際法までかじっているlangleyの、手帳術・メモ術についての試行錯誤を繰り返す日々」

だったんですよね、最近は手帳関係の記事ばかりで・・・う~ん、U.S.ARMYに関する何かをやらないといけませんね、そろそろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

手に入れました、自衛隊手帳

先日御報告した自衛隊手帳ですが、本日入手しました。

前回は手に取って観ることができなかったので、12ヶ月分に戻ったと書きましたが、やっぱり15ヶ月分でした。
今回のは能率手帳との共同企画だそうで、スケジュール欄が大分変っていました。

大きな変更点?はこれ位ですが、紙質を変えたのか、同じページ数で幾分厚みが増していました。

個人的にはペン挿しが無いのがさみしいですが、以前紹介した様に自分で細工すればすむ事なので良しとしましょう。

前回の紹介記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

自分に合う手帳を探して 第9回

手帳術の本に感化されるばかりで・・・

「メモをする」という行為は、基本書く物と書かれる物があれば成立する筈です。
 何故かは分かりませんが、「手帳を持ちたい」「メモをしたい」と考えていますので、手帳術等に関連する本を雑誌の特集を含めてよく読みます。
 20冊以上は読んだでしょうか、しかし自分のスタイルというか、形と言う物は定まりません。
 色々読んでいて「これは面白そうだ」と、実際に試すのですが、すぐに飽きると言うか、馴染まない気がして元に戻ったり、また新しい物を探したりしてしまいます。
 もちろん参考になることは沢山あり、少しずつ取り入れいますが、未だに「綴手帳」「システム手帳」各々のサイズで揺れています。

 書く物についてのこだわりはあまり無いつもりですが、ゲルインクのペンが寝転がって上を向いた状態でも書けるので気に入っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

来年の自衛隊手帳

まだ全国発売になっていないようですが、先程サンプルをチラッと見てきました。
厚みが前年の物くらい有るので、15ヶ月?と思ったら12ヶ月分で、フリースペースの罫線の他に、1ミリ方眼が追加されていました。

今は出先なので、取り敢えずココまで、詳細は購入後報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »