« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

年の瀬に切ないこと

先日、24日に伊東屋に行きましたが、この30日にも行ってきました。

5階のレジで精算を終え、4階で所期の目的のカード型電卓を注文し、先日作ったばかりのメルシーカードを出そうとしたら・・・無い、無い、無いんです。

ほんの数分前に使ったというのに何処を探しても有りません。

落し物でも届いてないので仕方なくそのまま精算してきましたが、いったい何処に行ってしまったんでしょう?一週間も経ってないのに・・・。

そんなこんなで、家路に着くとやっと直ったと思った風邪がぶり返し、いまフウフウ言いながら書いています。

それでは皆様、良い年をお迎え下さい、来年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

自分に合う手帳を探して 第11回

バイブルからA6ノートへ、そしてまたバイブルへ

 バイブルからA6ノートに変わった時期は、「超」メモ術の存在と、「情報は1冊のノートにまとめなさい」に感化された事と、システム手帳に慣れてきて手帳が肥大化して持ち歩けなくなってきた事が理由になると思います。
 オリジナルリフィルを「エクセル」で作るようになって、今までバイブル用に作ってあったリフィルを調整してA6ノートのサイズにすることも自由に出来、ノートをシステム手帳的に使う方法を思いついたことで、物理的に寸法を小さくしようと考えましたが、HI-TEC-Cコレトに代表される多色多機能ペンを本格的に使い出し、ペンの使用に関し考えがまとまっていなかったせいで、A6ノート用に自作したカバーに過剰な機能を持たせた為に使い勝手が悪くなり、結局バイブルに戻っていきました。
 バイブルに戻るきっかけとなったのが、「手帳の学校」に参加したことだったのですが、この時点までは、システム手帳から綴じ手帳への乗換えについて、思いつくままに書きまくっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

初、伊東屋参り

 さて、さて、手帳や文具に興味がある私ですが、このクリスマスイブの日に人生初の「伊東屋」に一人で行ってきました、トホホ・・・。

 なぜ伊東屋に行ったかと言いますと、先日の某ミリタリーのイベントで入手した、アメリカ陸軍のPX品のA4レポートパッドに付属していた、ノベルティらしいボールペンのリフィルを探すためでした。
F1000005
これです。
F1000004
中身のリフィルです。

で、3階の店員さんに当該ボールペンのリフィルを見せて、探している事を告げると、
「それは無いですね。」とあっさり言われてプチショックを受けていると、
「・・・ただ・・・パーカーのリフィルが合うんじゃないかと・・・」と何故か言い難そうに続けたので、
「840円なんですよね」と・・・。
F1000003
ま、確かにノベルティのボールペンに、パーカーのリフィルを入れるのは、費用対効果を考えればどうかと思いましたが、そうそう手に入る物でもないのを使い捨てにするよりは、と買ってまいりました。

初めて行った伊東屋でしたが、やはり、餅は餅屋なんだなぁと納得して家路に着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

12/4手帳王子の手帳オフに行って来ました。

 昨日、手帳王子の館神龍彦氏のオフ会に参加してきました。
会場への案内板です、プチ爆笑してしまい、道行く人にジロジロ見られてしまいました。
F1000002_2

で、現場です。
F1000001_2

今回のお題は、「手帳とスマートフォンの併用テクニック」と言うことでした。
自分は併用というより、それぞれ独立した使い方しかしていないので大変興味がありました。

なお、今回はNHKの取材が入るということで一瞬参加を見合わせようかとも思いましたが、先月にも有ったオフ会に参加できなかったことも有り、参加した次第です。

今回集まったのは20名ほど、何方も目がキラキラしている手帳好きの方達ばかり、館神氏の司会でスタート直後にドロッドロ(←良い表現じゃないけど勘弁して)に濃い話になってもう大変、取り残され感一杯で少し切なかったですが、いつも「発見」があり、参考になることや、自分が疑問に思っていたことがハッキリしたりと、良い事尽くめの時間でした。

「~併用テクニック」自体は、それぞれの職種、会社等によって、「出来ること出来ないこと」が有り、全てが置き換わることは無く、併用の度合いは「使用できる環境に左右される」ので、併用しようとする動機の強さ・ベクトルで変わることもあり、「全てが正解」であると思いました。

 だって、会社のグループウェアとグーグル等を自由に同期できて、スマートフォンにアップダウンできる人と、私の様に一切ご法度の人が同じ事はできないでしょ?
 漠然と「スマートフォンでスマートに」と考えていましたが、「こういう使い方も有り」なんだと考えた次第で、リマインダー機能を使った方法は今後の参考にしようと思いました。

会の最後には、手帳王子作詞、作曲の「手帳音頭」を歌わされ歌ってお開きとなりました。

王子、「手帳音頭」は流石に恥ずかしかったです。願わくば、映っていないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »