« 今回のISOTには行けません、とほほ | トップページ | 入手しました2013自衛隊手帳 »

2012年9月10日 (月)

MOLESKINEのペンホルダー問題

さてさて、相変わらず更新できていませんが表題についてです。

MOLESKINEを使うまでは、手帳のカバーを自作していましたので特に問題を感じていなかったのですが、
使い始めた途端にペンの持ち運びに悩みました。

Quiverのペンホルダーの1本差し、2本差し同時装備とかやってみたのですが、手に持ったまま書くときしっくり来なかったり、机に置いた時、スッキリ置けない等があり、MOLESKINE自体を諦めようかとも思いました。

しかし、何時までも迷っていられません。

システム手帳のリングにペンホルダーを追加する物(リフィルペンホルダー)を引っ張り出してきて、
MOLESKINEの表紙にハトメを使って直付けをすることで、一応の解決を見ました。

この時は考え付かなかったのですが、次のMOLESKINEに移行する時、新しいリフィルペンホルダーを用意しなければならず、書き終えたMOLESKINEに残ることで、今使っている物と勘違いする場合がありました。
ただ、このハトメはちょっとしたニッパーで外す事ができたので、数回同時に移行させましたが、やはり付け外しを繰り返すと劣化してきます。

で、思いついたのが今回紹介するものです。

某社のリフィルホルダーで、システム手帳のリフィルを挟んでおくもので、バイブルサイズを用意します。

二つ折りの部分から8センチに切り、上下を13.5センチに切ります。
加工の済んだリフィルホルダーをMOLESKINEのポケットに一旦セットし、自分の使うペンをリフィルペンホルダー入れた状態でMOLESKINEに合わせ、天地がはみ出ない位置を探しますが、使うペンがMOLESKINEよりも大きい場合は丁度良い所を探します。

良い位置が見つかったら、加工の済んだリフィルホルダーに印をつけます。

ハトメパンチで印のところに穴を開け、リフィルペンホルダーをハトメで取り付けます。

MOLESKINEのポケットに再度セットし、ペンを差して完成です。

このホルダーを作ったことで、MOLESKINEの移行が簡単になりましたし、カンミ堂さんの「ココフセン」やシールポケット等を直接MOLESKINEに貼り付けなくても良くなり、この移行も簡単になりました。

完成状態
Img_1507

セットした状態
Img_1508

閉じた状態
Img_1509

|

« 今回のISOTには行けません、とほほ | トップページ | 入手しました2013自衛隊手帳 »

手帳関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017950/47015632

この記事へのトラックバック一覧です: MOLESKINEのペンホルダー問題:

« 今回のISOTには行けません、とほほ | トップページ | 入手しました2013自衛隊手帳 »