« ARMY DISTINGUISHED SERVICE MEDAL | トップページ | 新メッセンジャーバッグ »

2013年3月24日 (日)

MOLESKINEに合う修正液のテスト

さて、MOLESKINEのポケットサイズを使うようになって随分経ちますが、未だに悩んでいることがあります。
それは、「書き損じや、訂正する必要があった時どうするか?」です。

鉛筆や、フリクションなどを使っているならば消すこともできますが、私が現在愛用しているのは「PILOT HI-TEC-C coleto 0.3mm」ですので、消せません。

予定等の変更は取り消し線で変更先に転記、でも良いと思いますし、実際そうしています。
でもライフログ的に書いているMOLESKINEではそうも行きません。
字の間違いや、半分ウトウトしながら書いた字等は、誰に見せる訳でもないのに悔しかったり、恥ずかしかったりします。
それはそれで、ログになりますが書き続けるモチベーションが下がっても困るので、私は修正液で消すことを選択しました。
ところが、MOLESKINEの紙は白ではないので普通の修正液だと逆に修正したところが目立ってしまいます。
そこで以下の5種類の修正ペンを用意し、テストをやってみました。
002
1 プラチナ修正ペン「ミスノン」
2 UNI修正ペンBall WHITIA 白度70%
3 Pentelはがき用ペン修正液
4 SAILOR修正字消しペンスーパーはがき用
5 SAILOR修正字消しペンスーパー茶封筒用
001
テストの方法は、MOLESKINEのページに使用中のHI-TEC-C coletoで1~5ミリの円を書いて塗りつぶし、1ミリの円は1回、2ミリの円は2回、3ミリは3回それぞれ塗って修正します。
4ミリの円は半分を3回塗り、5ミリの円はラインで3回塗りで修正します。
003
あくまでも個人的な見解であることをお断りしておきます。
1 プラチナ修正ペン「ミスノン」
 もともと「白」なので修正したところは目立ちますが、1ミリのところはそんなでもありませんでした。
 2回以上塗ると最初の液が溶けだしてムラになっています。

2 UNI修正ペンBall WHITIA 白度70%
 コピー用紙などのあまり白くない再生紙用の修正液なので目立っています。
 2回以上塗った場合、少し盛り上がってます。

3 Pentelはがき用ペン修正液
 さすがに、はがき用の修正液で、1~5ミリのどのテストでもMOLESKINEの紙と合っていますが、少し白っぽく見えます。
 
4 SAILOR修正字消しペンスーパーはがき用
 これも、はがき用の修正液ですのでMOLESKINEの紙と合っています、

5 SAILOR修正字消しペンスーパー茶封筒用
 これは茶封筒用ですので、テストするまでもないと思いましたが、これはこれで味があります。

総評
やはり、3・4のはがき用に特化したものが相性が良いようです、ただ少し3の方が隠ぺい力が弱い気がしますので、自分がメインで使うものは、「SAILOR修正字消しペンスーパーはがき用」で行こうと思います。
今回テストできなかった修正液に「能率ダイヤリー専用」がありましたが現在入手不可でしたのであしからず。

おわりにというか・・・
「SAILOR修正字消しペンスーパーはがき用」がそのままテープになったら便利だなぁと思うんですが、SAILORさんどうですかね?


|

« ARMY DISTINGUISHED SERVICE MEDAL | トップページ | 新メッセンジャーバッグ »

手帳関係」カテゴリの記事

文具関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017950/50922847

この記事へのトラックバック一覧です: MOLESKINEに合う修正液のテスト:

« ARMY DISTINGUISHED SERVICE MEDAL | トップページ | 新メッセンジャーバッグ »