« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月25日 (土)

LEGION OF MERIT

序列 7
名称 LEGION OF MERIT
読み リージョンオブメリット
略語 LM
制定 1942年7月20日(1939年9月8日にさかのぼって)
受章基準
  戦時、平時を問わず、困難な任務で功績を挙げた将兵及び他国軍の将兵にも授与される。(定められた通常の任務完遂についてはそれ単独では対象とならない。)
  他国軍将兵の役職、階級に応じて4等級のデザインがあり、自国に対しては上位2等級が、州軍司令官及び部隊指揮官にDISTINGUISHED SERVICE MEDALに相当するものとして授与され、下位2等級は、指揮官でない将軍以下の将校と下士官・兵に授与される。

デバイス ブロンズ・シルバーオークリーフクラスター
Photo_2Photo

統合参謀本部議長に相当するか、政府代表団の長に授与される等級
Image180_2
バッジ型
Image181_3
バッジの裏側
Image179_2
サービスリボン

参謀長に相当するか、その上位の役職にある者、首席駐在武官等に授与される等級
Image183
ネックリボン型
Image184
裏側
Image185
サービスリボン

指揮官でない将軍や、駐在武官、将校に授与される等級
Image186
フルサイズメダル
Image187
裏側
Image185_2

下士官・兵に授与される等級
Image189
フルサイズメダル
Image187_2
裏側
Image188
サービスリボン

通常、米軍将兵は第4等級のサービスリボンを着用する。

デバイス着用要領
004

2回から5回
25

6回から9回
69

注 オークリーフクラスターは5個以上着用しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

DEFENSE SUPERIOR SERVICE MEDAL

序列 6
名称 DEFENSE SUPERIOR SERVICE MEDAL
読み ディフェンススピーリアサービスメダル
略語 DSSM
制定 1976年2月6日
受章基準
    統合組織において、重大な任務で価値のある功績を挙げた将兵に、国防長官から授与される。
デバイス ブロンズ・シルバーオークリーフクラスター
Photo_2Photo


フルサイズメダル メダルの裏側 サービスリボン
Defense_superior_service_medal_2

デバイス着用要領
004

2回から5回
25

6回から9回
69

注 オークリーフクラスターは5個以上着用しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »