« バネ口金を使ってiPhone5のポーチ | トップページ | 充実の安定感2015自衛隊手帳 »

2014年10月26日 (日)

一年遅れ?の「滑らかな書き味ハードカバーノート」

と言う事で表題の「滑らかな書き味ハードカバーノート」についてのお話です。

先月位に秋葉の無印で発見したのですが、去年の今位には発売していたようです。
Evernote_camera_roll_20141019_105_7
実は、数年前に「滑らかな書き味のノートパッド」シリーズが出て、その滑らかな書き味にすっかりやられていた私は、ロディアのNo8サイズにA5サイズの物を裁断機で切断してまで使っています。(左のがそうです)
Evernote_camera_roll_20141019_105_8

しかし、「滑らか」シリーズ自体は残っているものの、ノートパッドは早々に廃番になったらしく入手できなくなりましたが、元々、「ニーモシネ」のOEMですので、いざとなったらとは思っていますが、・・・まぁそれは置いといて。

このノートはパッと見MOLESKINEにそっくりですが、長さが2cmほど長いです、検索をかけてみると
既にそのように紹介したブログもありました。

MOLESKINEの愛用者ではありますが、前述したとおり、滑らかな書き味にすっかりやられていますので、
可能ならこちらを使いたいと思い、よせばいいのにやってしまいました。

早速、サイズを合わせてポケットをつくります。
今回ポケットに使用する紙は、「ミ・タント」のグリーンを選びましたが、なんと「マルマン」でした。
Evernote_camera_roll_20141019_10503
切り出して
Evernote_camera_roll_20141019_105_2
普段レザークラフトで使っているローラーでしっかり折って
Evernote_camera_roll_20141019_105_3
ノートの裏表紙に切れ目を入れ、「キングスパン」のゴムを通し
Evernote_camera_roll_20141019_105_4
内側は、「3M」の「はがせる両面テープ 強力薄手」で留め
Evernote_camera_roll_20141019_105_5
ポケットを、開く方が「のど」の方に来るように、はみ出しに注意しながら貼り付けて
Evernote_camera_roll_20141019_105_6
完成
Evernote_camera_roll_20141019_11053
背表紙に割れを防ぎつつ、識別容易となるように今回のポケットやゴムバンドと同系色の製本テープを貼ります。
Evernote_camera_roll_20141019_11130
もとのラベルがゴムバンドに隠れるので少しずらしました。

久しぶりの更新ですが以上です、このシリーズ暫く続くかもしれません。

|

« バネ口金を使ってiPhone5のポーチ | トップページ | 充実の安定感2015自衛隊手帳 »

手帳関係」カテゴリの記事

文具関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017950/57786368

この記事へのトラックバック一覧です: 一年遅れ?の「滑らかな書き味ハードカバーノート」:

« バネ口金を使ってiPhone5のポーチ | トップページ | 充実の安定感2015自衛隊手帳 »