カテゴリー「文具関係」の投稿

2014年11月 8日 (土)

滑らかな書き味ハードカバーノートを使ったペンケース

以前「MOLESKINE DailyDiaryの再利用2」でも作ったんですが、今回もやります。

しかし製作過程の写真をすっかり撮り忘れてしまいましたので完成写真だけになります、スミマセン

前にポケットを作った、「ミ・タント」のアイボリーを使用して箱の展開図を印刷し、切り出したのち
「3M」の「はがせる両面テープ 強力薄手」で留めます。

同じようにポケットをつくり表2に付けますが、開く方を小口側にして完成
Img_2472
ペンをいれたところ
Img_2474
識別のために私の参加する「日本手帖の会」のイメージキャラクター
「手帖の助」(提督バージョン)にお出ましを頂きました
Img_2470kai

ポケットの型紙とケースの型紙のPDFを置いておきますが、使用は自己責任でお願いします。
「mijipoke.pdf」をダウンロード
「mujihako.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

充実の安定感2015自衛隊手帳

ちょっと過ぎてしまいましたが、10月29日に2015年版の自衛隊手帳を入手しました。
Img_2319

今回も前年度版と構成は変わっていないようですので、安心の安定感、このまま続いてほしいですね。

前年同様、携帯サイト連携ということです。

さて、昨年の紹介の時にも書きましたが、
手帳後半の「資料編」の89ページ、階級比較表の欄外はまだ、「最先任上級曹長が一人ずつ選任さえている」でした。

来年度こそ訂正されると良いですね。

そして残念なことが・・・
確認できる2009年からセットされていた同サイズの別冊アドレス帳が付いていませんでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

一年遅れ?の「滑らかな書き味ハードカバーノート」

と言う事で表題の「滑らかな書き味ハードカバーノート」についてのお話です。

先月位に秋葉の無印で発見したのですが、去年の今位には発売していたようです。
Evernote_camera_roll_20141019_105_7
実は、数年前に「滑らかな書き味のノートパッド」シリーズが出て、その滑らかな書き味にすっかりやられていた私は、ロディアのNo8サイズにA5サイズの物を裁断機で切断してまで使っています。(左のがそうです)
Evernote_camera_roll_20141019_105_8

しかし、「滑らか」シリーズ自体は残っているものの、ノートパッドは早々に廃番になったらしく入手できなくなりましたが、元々、「ニーモシネ」のOEMですので、いざとなったらとは思っていますが、・・・まぁそれは置いといて。

このノートはパッと見MOLESKINEにそっくりですが、長さが2cmほど長いです、検索をかけてみると
既にそのように紹介したブログもありました。

MOLESKINEの愛用者ではありますが、前述したとおり、滑らかな書き味にすっかりやられていますので、
可能ならこちらを使いたいと思い、よせばいいのにやってしまいました。

早速、サイズを合わせてポケットをつくります。
今回ポケットに使用する紙は、「ミ・タント」のグリーンを選びましたが、なんと「マルマン」でした。
Evernote_camera_roll_20141019_10503
切り出して
Evernote_camera_roll_20141019_105_2
普段レザークラフトで使っているローラーでしっかり折って
Evernote_camera_roll_20141019_105_3
ノートの裏表紙に切れ目を入れ、「キングスパン」のゴムを通し
Evernote_camera_roll_20141019_105_4
内側は、「3M」の「はがせる両面テープ 強力薄手」で留め
Evernote_camera_roll_20141019_105_5
ポケットを、開く方が「のど」の方に来るように、はみ出しに注意しながら貼り付けて
Evernote_camera_roll_20141019_105_6
完成
Evernote_camera_roll_20141019_11053
背表紙に割れを防ぎつつ、識別容易となるように今回のポケットやゴムバンドと同系色の製本テープを貼ります。
Evernote_camera_roll_20141019_11130
もとのラベルがゴムバンドに隠れるので少しずらしました。

久しぶりの更新ですが以上です、このシリーズ暫く続くかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

MOLESKINEのポケットサイズが一冊だけ入るポーチ

さてさて、更新が滞っているLANGLEYです。

久々にゆっくり連休で休みましたので、「長年考えていたが、纏めていなかった」MOLESKINEのポーチを作りました。
同時に、と言うかこっちがメインでしたが、ロディアの8番と、MOLESKINEのポケットサイズを入れて歩いている
シザーバックのMOLESKINE風のバックを作ったので、併せて型紙を起こし、作った次第です。

MOLESKINEのポケットサイズが一冊だけ入るポーチ
1
中はホントに、ポケットサイズが一冊だけしか入りません、MOLESKINEのローラーペンがセットしてありますが、
書かれる物だけでは用をなさないので、書く物と一緒にしてあります。
2
画像はありませんが、裏にはベルトループが着けてあり、MOLESKINEの各種バックにセットすることも可能です。


で、こちらがMOLESKINE風のシザーバック
3
こちらも画像はありませんが、裏にはベルトループが着けてあります。
4
裏地がオレンジなのは、毎回のことなのでご容赦を。

今回のポーチに使った生地は、MOLESKINEの各種バックに使われているものとほぼ同じみたいです。
新宿のユザワヤに有った、「サムソンレザー」と言うもので、メーターあたり、3500円!!でした、普段のマルチカムの生地より
高い!!です・・・トホホ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

第24回国際 文具・紙製品展 ISOTにいきました

本日と言うか昨日、ISOTに行ってきました。
去年は直前で仕事が入り、行けませんでしたので思いも一入でした。

今回は「日本手帖の会」でお世話になっている、スライド手帳の「あたぼう」さんが初出展「A9-38」との事なので、冷やかし激励がメインです。

8時半頃出発し、何とか雨が降り出す前に東京ビッグサイトに到着、早速早朝受付をして缶コーヒーを貰いました。

ベンチで休憩していると会場スタッフに「オープニングセレモニーだから前の方に」押しやられた結果

ISOTの初日の速報に写りこんでしまいました、とほほ・・・

開場してすぐに「あたぼう」さんのブースを目指し、激励したのち端から順に見て回りました。

正直、一昨年の時のような新製品ラッシュのような感じはありませんでしたが、各ブースの熱気にやられて何度か「あたぼう」さんのブースで休憩させて貰うというていたらくでしたが、一応全部を見ることができました。

今回も沢山情報を仕入れることができましたが、定番のノベルティ「名入ボールペン」は一本もゲットできませんでした。

「アベノミクス」の効果はまだまだなんだなぁと感じました。

PS(は私の愛車です) 15時頃に帰路に着いたのですが、雨男の本領発揮で散々な目にあいましたとさ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

MOLESKINEに合う修正液のテスト

さて、MOLESKINEのポケットサイズを使うようになって随分経ちますが、未だに悩んでいることがあります。
それは、「書き損じや、訂正する必要があった時どうするか?」です。

鉛筆や、フリクションなどを使っているならば消すこともできますが、私が現在愛用しているのは「PILOT HI-TEC-C coleto 0.3mm」ですので、消せません。

予定等の変更は取り消し線で変更先に転記、でも良いと思いますし、実際そうしています。
でもライフログ的に書いているMOLESKINEではそうも行きません。
字の間違いや、半分ウトウトしながら書いた字等は、誰に見せる訳でもないのに悔しかったり、恥ずかしかったりします。
それはそれで、ログになりますが書き続けるモチベーションが下がっても困るので、私は修正液で消すことを選択しました。
ところが、MOLESKINEの紙は白ではないので普通の修正液だと逆に修正したところが目立ってしまいます。
そこで以下の5種類の修正ペンを用意し、テストをやってみました。
002
1 プラチナ修正ペン「ミスノン」
2 UNI修正ペンBall WHITIA 白度70%
3 Pentelはがき用ペン修正液
4 SAILOR修正字消しペンスーパーはがき用
5 SAILOR修正字消しペンスーパー茶封筒用
001
テストの方法は、MOLESKINEのページに使用中のHI-TEC-C coletoで1~5ミリの円を書いて塗りつぶし、1ミリの円は1回、2ミリの円は2回、3ミリは3回それぞれ塗って修正します。
4ミリの円は半分を3回塗り、5ミリの円はラインで3回塗りで修正します。
003
あくまでも個人的な見解であることをお断りしておきます。
1 プラチナ修正ペン「ミスノン」
 もともと「白」なので修正したところは目立ちますが、1ミリのところはそんなでもありませんでした。
 2回以上塗ると最初の液が溶けだしてムラになっています。

2 UNI修正ペンBall WHITIA 白度70%
 コピー用紙などのあまり白くない再生紙用の修正液なので目立っています。
 2回以上塗った場合、少し盛り上がってます。

3 Pentelはがき用ペン修正液
 さすがに、はがき用の修正液で、1~5ミリのどのテストでもMOLESKINEの紙と合っていますが、少し白っぽく見えます。
 
4 SAILOR修正字消しペンスーパーはがき用
 これも、はがき用の修正液ですのでMOLESKINEの紙と合っています、

5 SAILOR修正字消しペンスーパー茶封筒用
 これは茶封筒用ですので、テストするまでもないと思いましたが、これはこれで味があります。

総評
やはり、3・4のはがき用に特化したものが相性が良いようです、ただ少し3の方が隠ぺい力が弱い気がしますので、自分がメインで使うものは、「SAILOR修正字消しペンスーパーはがき用」で行こうと思います。
今回テストできなかった修正液に「能率ダイヤリー専用」がありましたが現在入手不可でしたのであしからず。

おわりにというか・・・
「SAILOR修正字消しペンスーパーはがき用」がそのままテープになったら便利だなぁと思うんですが、SAILORさんどうですかね?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

ウエストバッグとバッグinバッグ

最近ようやく手帳を活用したり、日記的なログをつけるようになったlangleyです。

昨日、バッグinバッグを作りましたのでお披露目します。
作るきっかけは、普段使っている大型リュックに入れるバッグinバッグの中がゴチャゴチャになってイライラしたことでした。

作る時に考慮したのが、モレスキンポケットサイズが2冊、モレスキン改造ペンケース、電子辞書がすぐ取り出せる位置にすることがメインで、薬箱、ipad mini 週アスの付録のまとめ板等が状況に合わせて入れられるようにすることでした。

しかし、あまり大きいと本末転倒になるので、約5カ月程前に作ったウエストバッグに収まるようにすることで、サイズを決定しました。

全景 幅は22センチ位
Simg_5852
同じく全景
Simg_5853
モレスキンやipad mini、薬箱を入れたところ
Simg_5854
入れたものをチェック
Simg_5855
約5カ月程前に作ったウエストバッグに収めたところ
Simg_5883


そして、紹介し忘れた約5カ月程前に作ったウエストバッグです。
前面
Simg_5846_2
フラップを開けたところ オレンジ色の内貼りは救助用パネル(必要か?それ)
Simg_5847_2
相変わらずのオレンジパネルは、ベトナム戦争でスペシャルフォースの隊員が自身のベレーの内貼りに貼っていたという故事?
に倣ったものです。

背面 パルスウェビングで、プレートキャリアや大型リュックに装着可
Simg_5848
本来のウエストバックにするパーツ
Simg_5851
スリングでショルダーバッグに
Simg_5850
フラップ部にロディア№8サイズのメモ帳入れ
Simg_5886


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

ISOTに行ってきましたよ。

 先週になりますが、7/6の水曜に有給休暇をとって、「ISOT 第22回国際文具・紙製品展」に行ってきました。
 8時半ころ出発して9時ころにビッグサイトに到着、東の駐車場にバイクを止めて会場に入ると、スタッフや関係者が走り回っていました。
Img_0098_2

 早朝受付をしていると言うので、名刺2枚と招待状を出して手続き、缶コーヒー一本いただきました。
そうこうしているうちに、開場セレモニーのテープカットをやって開場、
Img_0099_2

手続きは終わっているのでそのまま中へ、
後は東の456の併設イベントと合わせてグルグル回り、気が付いたら17時ころでした。

今回、個人的に引かれたところを紹介します。

レイメイ藤井さんの「PENCUTmini」
Img_0101

9月~10月ころ発売だそうです、もう必ず買います。

マックスさんの「Vaimo80」
Img_0102

なんと80枚まで留められるそうです、これは買うしかないですね。

LIHIT LAB.さんの「NOTE BOOK」(商品名がハッキリ確認できませんでしたのでカタログから)
Img_0103

Img_0104

なんか、ピカソやヘミングウェイが愛したノートに似ていますが、バインダーになっています。
10月ころ発売だそうですが、多分と言うか絶対このノートに切り替えます。

もう一件紹介したいところがありますが、文具とはちょっと違うので別のエントリーにします。

いや~、楽しい時間を過ごさせていただきました、総歩数は16000歩くらいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

ジョッター発見!!

今日と言っても昨日ですが、実家の近くのダイソーでこんな物見つけて来ました。

1307205639082.jpg
「本革メモパッド」と言うそうですが、ようはジョッター。
黒と茶の物が在りましたので、両方購入させて頂きました。
開けてみるとこんな感じです。

1307205647941.jpg
一緒に入っている紙がかなり薄いのと、本体の革自体も薄い物なので、曲げちゃいそうです。
なので、同じくダイソーの情報カードので名刺サイズを10枚入れ、筆記面に一枚の10+1にして見たら、意外としっくり来ました。

1307205651303.jpg
しかしダイソー、情報カードの時もそうだけど、微妙なところを衝いて来ますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

初、伊東屋参り

 さて、さて、手帳や文具に興味がある私ですが、このクリスマスイブの日に人生初の「伊東屋」に一人で行ってきました、トホホ・・・。

 なぜ伊東屋に行ったかと言いますと、先日の某ミリタリーのイベントで入手した、アメリカ陸軍のPX品のA4レポートパッドに付属していた、ノベルティらしいボールペンのリフィルを探すためでした。
F1000005
これです。
F1000004
中身のリフィルです。

で、3階の店員さんに当該ボールペンのリフィルを見せて、探している事を告げると、
「それは無いですね。」とあっさり言われてプチショックを受けていると、
「・・・ただ・・・パーカーのリフィルが合うんじゃないかと・・・」と何故か言い難そうに続けたので、
「840円なんですよね」と・・・。
F1000003
ま、確かにノベルティのボールペンに、パーカーのリフィルを入れるのは、費用対効果を考えればどうかと思いましたが、そうそう手に入る物でもないのを使い捨てにするよりは、と買ってまいりました。

初めて行った伊東屋でしたが、やはり、餅は餅屋なんだなぁと納得して家路に着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)